上田綾世(法政大のイケメン)が下手と言われる理由!父親も凄い?

未分類

サッカーが男女共に盛り上がっている今日この頃…。

今回はサムライブルーとの愛称で親しまれる日本男子代表について!現役法政大学生のイケメン選手上田綾世選手です。

まだ大学生でありながらプロとして活躍するなんて、スポーツの世界は若さが当たり前だったりするんですね。。フィギュアスケートなんかを見てるとひしひしと感じますが。だってこの前の大会では1位から3位まで16歳と17歳でしたからね。

私ももう自分より年下の子の活躍をテレビで見る歳になってしまったと思うと切ないです(笑)。

余談になりましたが、今回は上田綾世選手について、下手だと言われている理由やそのお父さんについてまとめていきます。

 

Sponsored Link

 

上田綾世が「下手くそ」「戦犯」と言われる理由は?

 

上田綾世選手について検索すると、「下手くそ」や「戦犯」といったワードが出てきますよね。「戦犯」というのは、ここでは「試合において敗因となった人」のことを指すそうですが、上田選手のサッカー技術に対する評価が低いということなのでしょうか…?

調べてみたところ、今年2019年の夏にあったチリが相手の試合でやらかしてしまったということでした。しかもそれがゴールチャンスの瞬間だったために、ファンはヤキモキしてしまったんでしょうね~。

ポジションの取り方や、タイミングを見計らって瞬時に判断し動ける点、さらに足が速いところは上田選手の強みで、この時もそれはよくできていたんです。

が、まだ大学生で経験不足のためか、思うようにゴールは決められなかったということでしょうね。「高校生の選手もいるんだから、もっとやれるはずだろ!」という声もありますが、経験を積めば確実に大きな戦力になると私は思いますし、今後も大切に育てていくべき選手だと思いますね。

 

 

うえだあやせの父親もサッカー選手だった?

 

法政大学という優秀な大学に通いながら、プロとして活躍する上田綾世選手。大学のサッカー部を退部して今のチームに加入したのもニュースで取り上げられましたよね。

そんなエリートの上田選手ですから、両親もどちらかはサッカーをやっていたのかなと気になる人もいると思います。

で、調べてみたところ、お父様が社会人のチームでサッカーをされていることがわかりました。上田晃さんという方ですね。

以前にドイツ代表であったとある選手に憧れてサッカーをしていたというお父様。同じ背番号をよくつけていたそうです^^

そんなお父様の姿を見て憧れたことが、上田選手がサッカーを始めたきっかけになっているということなんですね~。つまり、現在の上田綾世選手を作ったのは他でもないお父様ということになりますね!日本人のサッカーを応援する者としてありがたいですね(笑)。

 

Sponsored Link

 

まとめ~上田綾世が下手くそと言われる理由は?父親もすごい?

 

いかがでしたでしょうか?

上田綾世選手のサッカーを始めるきっかけとなったのがお父様ということでしたが、小学校1年生のときからやっています。ということは、2019年現在で14年目ということになりますね!

14年!!(笑)私は同じことをそれほど続けたことが今の今までなかったので、そうやって何かをストイックに続けられる人って本当に凄いと思います。今、世界でトップとして活躍している人たちはみんなそんなふうに何年も努力しているんだと思うと刺激になりますね。。

ということで、今回は上田綾世選手についてまとめました!今後のさらなる活躍に期待して、これからも応援し続けたいと思います^^

 

Sponsored Link

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました