シャーロック 2話感想&3話あらすじ!菅野美穂の演技が怖い!

ドラマ

初回が好評だった、ドラマ「シャーロック」。今夜の第2話も面白かったですね!

「爆死俳優」と言われたディーンフジオカさんも、汚名返上したということで話題になっていました( ̄∀ ̄)私は爆死俳優だとは思いませんでしたが顔が良ければ全て良しってことで(笑)。

 

Sponsored Link

 

シャーロック第2話の感想!ブラック菅野美穂の演技が上手い

 

2話は、黒幕・菅野美穂さんが素敵すぎましたね

高橋博美が本物ではなかった」ということが発覚して事態は大きく動きました。

本物の高橋博美を殺害したのは菅野美穂さん演じる弁護士・青木藍子で、博美とは2年前に弁護を頼まれていました。そのとき博美に言われた、

優しい顔をしながら人の不幸を利用した偽善者!偽物!

という言葉にカッときて殺害してしまいます。

これにカッときたのにはある深い理由があって、青木がイギリス留学中に母親が自殺し、救えるはずだったという罪悪感から弁護士という仕事を通じて人助けをしてきたからこそ、この言葉に耐えられなくなったのです。

うーん。。なんとも言えないですね(´Д`) エモいと言いますか。

「偽善でも別にいいんじゃないのか」と、確かに救われてきた人はいると声をかける獅子雄(ディーン・フジオカ)でしたが、青木は「そんなものはいない」と。。

今回は全体的に心理的な推理が多かったように感じますね。人の心を追いかけて推理するのって難しそうだなとしみじみと感じました。

それにしても、連行されるときに菅野美穂さんが放った「だから何」には痺れました!(笑)低めの声、棘のあるフレーズのダブルコンボにビビビッとやられた人は多いのではないでしょうか(笑)。キツイ女性は怖いですが、菅野美穂さんの美貌が合わさるとかっこいいですね✨

それと今回は岩ちゃん演じる若宮の印象が薄かったような気がします(笑)。騒いでるだけのようなポジションだったかな(⌒⌒;)?

次回の活躍に期待したいなと思いつつ、第2話の神回ぶりには感動する今日このごろでした。

 

 

シャーロック第3話あらすじ!

 

気になる第3話の内容ですが、獅子雄が若宮とおかしな実験をしているところに江藤(佐々木蔵之介)がやってきて、「身元不明の遺体が出た」というところから第3話が始まります。

獅子雄が他殺かどうかを確認したところ、江藤は「つまらない事件」と言います。渋谷の空き家で、身元不明の老人の遺体が見つかったのだと伊藤が伝えると、獅子雄はなぜか面白そうだと食いつくんです。ここで獅子雄が気になったポイントが「舞台が空き家であったこと」なんですね。

現場に着くと、事件現場の一等地の邸宅について江藤は、「曰く付き」だと説明します。なんでも、そこは過去に地面詐欺師の舞台になった家で、建設会社の社長がその邸宅で自殺したのだそう。それから獅子雄は、今回の老人の遺体のあった場所を調べ、手元に3本の木の枝があることに気づきます。断面が新しいという点が引っかかる獅子雄。。

その後、科捜研職員に話を聞いていた獅子雄たちのもとに「遺体の身元が明らかになった」と江藤クミコが報告に来ます。なんとその遺体は、過去の地面詐欺のグループの1だったのです。

さらにそこで、捜査ニ課の市川たちが現れて事態が動いていきます。。

…こんな感じで、またまた新たな事件です。2話が「シャーロックっぽくなってきた」と言われていましたから、次の回にも期待が集まりそうです。

 

Sponsored Link

まとめ〜シャーロック2話感想と3話あらすじは以上!黒幕・菅野にやられた!

 

いかがでしたでしょうか?

「シャーロック」第2話の感想と第3話のあらすじは以上になります。

それにしても、今回は菅野美穂さんの復帰後初ドラマということで、そちらも盛り上がりを見せていましたね!

産休でしばらくお休みをしていたという菅野さんでしたが、今回のドラマ出演だけでなく映画の日本語音声の吹き替えも担当したりしていて、これからまた、テレビなどで観れる機会が増えそうですね

今後の活動内容についてはこちらを確認してみてください

菅野美穂の2019年現在は?産休復帰後の出演ドラマ・映画情報

今回は、私は心理戦推理と目立たない若宮に注目しましたが、次回はどうなるのでしょうか!ますます面白くなっていく「シャーロック」。今後の展開に期待が集まります

 

Sponsored Link

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました