ダイソーのゲルインクペン!色と細さ、乾き具合や書き心地まで徹底解説!

未分類

赤・青・黒のペンって結構よく買い換える!1100円が辛い

学生時代、あるいは社会人になってからもボールペンってよく使う文房具のはずですよね。特に、ゲルインクのやつ!(油性は書きにくいし、水性のものは滲みやすい…。)

私は、中学・高校と赤・青・黒のゲルインクボールペンを使いまくってました(笑)。(大学生になるとシャーペンとか使わなくなるので、黒のボールペンとかは特に需要が高まっている感じです。)とにかくこの3色は登場回数が多かった!ので、平均1ヶ月くらいで使い終わって、その度に買い替えていました…。

私が当時買っていたのはSARASAの商品で、こういう一般的な文房具メーカーのボールペンは1本100円が普通です。でも、もう少し安く買えたらいいよなあ、って皆さんきっと感じているはず…!

 

破格の安さ!ダイソーのゲルインクボールペン

そこで目をつけたのが、ダイソーのボールペンです。私が今回取り上げる商品は、なんと5本で100‼︎安すぎる!

でも、安いからこそ性能がちょっと気になりますよね。SARASAの商品は高い分、書き心地が良くペン先の細さを選べて、乾きも速かったです。1本20円のダイソーボールペンは果たしてどれほどの性能が備わっているのか…?

今回は赤・青・黒の3色をチェックしていきますよー!

※余談ですが、青だけのボールペンって珍しいですよね!100均では、今までバラ売りされてるのって赤と黒ぐらいのイメージだったので、青のボールペンが発売された時は興奮しました(笑)。

 

まずは、ペン先の細さを見ていきます

最初に、例のボールペンの画像をお見せします!↓

ペン先の細さですが、赤と青は0.5黒は0.38ですね。

多分、0.38の細さのボールペンを使っている人が多いんじゃないかなーと思ったのですが、赤と青は0.38がまだ出てないみたいです…。なので、黒だけ0.38のものを選んで、赤と青は0.5の細さ(2つは同じHAUSERというシリーズのもの)を入手しました。

※ちなみに、HAUSERには0.5の黒のボールペンもあるので、同じシリーズで揃えたいという方は是非!

 

次は書き心地と乾き具合をチェック!

まずは色の雰囲気を見てもらいましょう。

黒はこんな感じ↓

普通に綺麗な黒です(笑)。見た目も色味も、Signoのボールペンっぽいですね!

赤はこんな感じ↓

100均のボールペンとは思えないほどの発色の良さ!SARASAとかよりも良いかもしれないです(笑)。SARASAの赤って少し薄めの発色だと思うんですが、これはかなり濃い目のはっきりくっきり赤!って感じですね。

青はこんな感じ↓

これもすごく綺麗な発色です✨暗めで、且つはっきりした青ですね!20円でこのクオリティはびっくりとしか言いようがないです(°_°)

次に書いてみた感想なんですが、黒はペン先がグラつく感じがありました。書いていて力を入れすぎると折れそう!って感覚です。多分、ペン先の形状に関係があるんだと思いますが…↓

一般的なペン先は書いていても丈夫でしっかりとしていますが、ダイソーのものは横からの刺激(?)に弱い感じでしたね。

そこが若干気にはなりましたが、書いているうちに慣れてくると思いますので、よほど力を入れて書いてしまうという人以外は問題なく使えるのではないでしょうか。(ちなみに私は筆圧がかなり強い方ですが、折れませんでした(笑)。)

赤と青に関しては、特にグラつきも引っかかる感じもなく書きやすいです!黒と同じくペン先は細長い形状なのですが、根本が太く広がっているので安定しています。優秀ですねー(o^^o)

最後に乾き具合をリポートします!ゲルインクのボールペンって、乾きが悪いと書いているときに擦れちゃって使いづらいですよね。なので、すぐ乾くかどうかはかなり重要なポイントになってきます。

実際に使ってみた結果、3色とも乾きが速いです!書いて2秒くらいで乾きますね∑(゚Д゚)しかも、擦ってしまってもインクが広がりにくいんです。これは素晴らしいですね✨

 

まとめ〜赤・青・黒のゲルインクはダイソーで決まり

いかがでしたでしょうか。

普通の文房具メーカーの商品に劣るどころか、かなり優れていることがわかりました!値段も性能も◎ですね!これは買っても後悔しない商品だと思いますので、皆さんも是非使ってみてくださいね👍


コメント

タイトルとURLをコピーしました