夏井いつきの俳句…作品や代表作まとめ!実力や受賞は?作風も解説

未分類

「プレバト‼︎」の俳句コーナーでおなじみの俳人・夏井いつき先生。

大物芸能人に対しても、毎度ひやっとするような超辛口コメントを連発することで有名ですよね(笑)。

先生とは言えど、それほどまでにビシバシ斬っていくのは失礼だという視聴者もいます。それだけ偉そうに言うなんて、「先生の実力はどれほどのもんなんだ?」という話なわけです。

今回は、夏井先生の俳人としての実力について、これまでの作品や代表作を見つつ、まとめていきたいと思います!

 

Sponsored Link

 

俳人・夏井いつきの作品(代表作)は何?作風は?

「プレバト‼︎」の番組内では、芸能人の作品を添削することしかしておらず、先生の作品自体は見たことがないですよね。

一体どんな作品を詠んでいらっしゃるんでしょうか。以下に先生の代表作をまとめていきます。

主な代表作と言われているのが、以下の6点です。

「仏法僧廊下の濡れている理由」

「遺失物係の窓のヒヤシンス」

「惜春のサンドバッグに預ける背」

「さっきまで音であたり霞かな」

「仏壇のまへで昼寝をしてゐたる」

「先生と大きな月を待つてゐる」

俳句というと5・7・5の語数のものを想像してしまいますが、「プレバト‼︎」を見ていてもなんとなくわかるように、あまりその語数というのは意識していない作品ばかりです。こういう自由な詠み方をしている作品って、一気に上級者な感じがしますよね…(笑)。

私も、国語の授業なんかで俳句を書いたりする機会があって、詠むのは割と好きだったんです。字余りや字足らずの雰囲気をつかむのが楽しくて、「リズムが良ければいいかな~」と思っていたんですが、学校で習う俳句は語数がぴったりじゃないとあまり良く思われなかったりしました^^;

「ちゃんと5・7・5ぴったりで作らないと!」と言われることが多かったので、俳句は語数通りに…という意識が強くなったんですよね。初心者があえて字余りや字足らずで詠むのを難しく感じる理由ってこういうところにもあったんじゃないかなーと思った次第です(笑)。

…話を戻します。

上記の4作品について、いくつか見ていきます。

「仏法僧廊下の濡れている理由」

「仏法僧」は「ブッポウソウ」と読み、これは鳥の名前です。

分けるとすれば、「仏法僧」と「廊下が濡れている理由」になるのでしょうか。廊下の濡れ具合にもよりますが(笑)、例えば私の場合は、仏法僧が濡れた足で廊下を歩きまわったとかいう情景が浮かびますね。

ただ、あえて仏法僧という漢字表記にしているところも、もしかしたら何か意図があるのかもしれませんよね。「僧」という感じを導き出しているところを考慮すれば、僧侶をイメージしている可能性もありますね。

「惜春のサンドバックに預ける背」

「惜春」というのは「過ぎ行く青春を惜しむこと」という意味があるそうです。

その点を踏まえた線でこの句を見てみると、主人公は若い人であるような感じがしますね。ボクシングか何かを練習している若者がサンドバックにゆったり背を預けている様子が浮かびます。練習終わりなのかな~、もしかしたら学生最後の大会で負けてしまったとかかな~、とまあ色々想像できますね^^

ここまで詠んでみて感じるのは、夏井先生の作品は、多くの文字数を使わないことで逆に広がりを持たせているのかな、ということですね。詠み手が自由に情景を想像できる点が、俳句の面白さを存分に引き出していて、さすがだなあと思いますね^^

自身は「感じたままを表現する」ということをモットーにしているらしく、感じたことをぴったりの言葉で表現できる技術がすごいなと感じました。

 

 

夏井いつきの実力や受賞経験は?

夏井先生の受賞暦としては、

1994年に第8回俳壇賞受賞、

2000年に第5回中新田俳句大賞受賞、

2005年にNHK四国ふれあい文化賞受賞、

2018年に個人の部で第44回放送文化基金賞を受賞されています。

たくさんの賞を受賞されていますが…そもそも、俳句の中でのすごい賞がどれなのかわからないですから、判別のしようがありませんよね^^;

ということで、俳句界で最も有名な賞を調べてみたところ、

・現代俳句大賞(現代俳句協会大賞)

・正岡子規国際俳句賞

などがあるようです。

現代俳句大賞に関しては、もともと協会会員のみが対象でしたが、それ以外も含む内容に移行しています。

一番レベルが高いのは正岡子規国際俳句賞になるのかなと思います。「俳句に関する大きな業績のある人」が対象らしいですね。

ということで、実力としてはさらに上の人もたくさんいると思います。ですが、ここまで作品を見てきても、「プレバト‼︎」内での活躍を見てみても、夏井先生の俳句のレベルはとても高いということがわかりますから、実力はかなりあるんでしょうね!

 

Sponsored Link

 

まとめ~夏井いつきの作品や代表作、実力や受賞暦について

いかがでしたでしょうか?

ここまで色々と俳句を見てきましたが、なんだか久しぶりに俳句を詠みたい気分になってきましたね(笑)。

私が俳句を詠むのが好きだった理由の1つには、「心のゆとりが生まれる」という点もあります。

季語をどれにしようか迷って、情景を思い浮かべながらぴったりの表現を探す…という一連の作業が、なんだか心が落ち着くんですよね~(笑)。

俳句を詠むという習慣を人生に取り入れると、豊かな気分になれそうな気がします^^

そして、どうせ詠むんだったら夏井先生のようなかっこいい俳句を詠みたいですよね(笑)。「ちょっと俳句に興味が出てきたな。」「おしゃれな俳句を読んでみたいな。」という方は、ぜひ以下の夏井先生の著書を読んで勉強してみてください^^↓

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏井いつきの世界一わかりやすい俳句の授業 [ 夏井 いつき ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/10/30時点)

楽天で購入

 

 

 

だらだらユーチューブを見る癖をやめて、俳句を詠む癖に変えたらそれだけでかっこいいですよね(笑)。

ということで、今後も「プレバト‼︎」にて夏井先生の指導を参考にしていこうと思います^^

 

Sponsored Link

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました